フリーエンジニアは新しい仕事スタイル~働いた分だけ収入が増える~

人間性を高めよう

会社

人を相手にする仕事

エンジニアとして採用される時に一番重視されるのは技術力ですが、それだけでは採用につながらないこともあります。システムエンジニアにしてもサービスエンジニアにしても、人を相手にする仕事なので高いコミュニケーション力が求められます。お客様の要望によく耳を傾けて、お客様の希望に沿った仕事を続けることで、エンジニアとしての実績が増えていきます。また自分が作り出すソフトや自分が関係するサービスは人が使うものなので、使う人が使いやすい製品やサービスを作り出すことが必要になります。時には自分の会社の製品やサービスの営業をしなければならないこともあります。営業の時に大切なこともコミュニケーションのスキルで、それは採用の時にチェックされます。

粘り強さや体力も必要

エンジニアの仕事は不規則になることがあって、特に会社で使われているネットワークに不具合が起きた時は、それを復旧させるために夜間も働かなければならないことがあるのである程度の体力が必要です。またソフトやネットワークを作り上げる時は、毎日の仕事をコツコツと積み上げていく粘り強さが求められます。このようなエンジニアに必要な資質を持っていなければ、採用は難しい場合があります。エンジニアに必要な資質は面接の時も調べられますが、自分でも効果的にアピールする必要があります。まずは履歴書でアピールして、次は面接のときにアピールします。どちらの場合も、自分が十分なスキルを持っていて、エンジニアとして働くのに必要な人間性を持っていることを、採用者に納得させなければなりません。